LBC(液状化検体細胞診)

当院で採用した、LBC(Liquid Based Cytology)は従来の細胞診と比べ、以下の特徴があります。

  • 不適正検体(検査のやり直し)が減少する
  • 感度(異常を見つける能力)が高いことの報告
  • HPV検査を併用しやすい

当院の子宮頸癌検診

25歳以上を目安にLBC+HPV検査を行います。25歳未満の方はHPV検査を省略します。

LBC結果 HPV結果 対応
NILM 陰性 隔年検診
NILM 陽性 1年後再検
ASC-US 陰性 1年後再検
ASC-US 陽性 精密検査
ASC-H 陰性/陽性
LSIL 陰性/陽性
HSIL 陰性/陽性
SCC/腺系異常 陰性/陽性

 

さらに詳しくはこちら

診療案内