婦人科癌検診

一般に婦人科検診というのは、子宮頸癌検診(子宮頚部細胞診)を指します。一方で、その他の婦人科癌として、子宮体癌、卵巣癌、比較的稀な、外陰癌、膣癌があります。その中で一般検診として施行されているのは子宮頸癌検診と子宮体癌検診だけです。
なお、当院で世田谷区婦人科がん検診が受けられます。その際に心配があれば、検診内容をご相談ください。

子宮頸癌検診

子宮頸癌は、若い患者さんが増えていることが大きな問題です。20歳以上、パートナーができる年齢になったら積極的に受診してください。
細胞診とHPV検査を適切に組み合わせ、コルポスコピー検査で確定します(詳しくはこちら)。
当院では、検診で早期に発見された子宮頸部異形成、頸癌に対する子宮温存手術を外来日帰り手術として行います。詳しくはこちらをご覧ください。

子宮体癌検診

子宮体癌は、以前は閉経後で、分娩経験がない、肥満、高血圧、糖尿病などの方に見られることが多かったのですが、最近になり月経がある若い患者さんで、家族歴(近親に癌患者さんがおられる)のある方にも認められるようになりました。
問診、超音波検査、細胞診、組織診を行います。

卵巣癌検診

超音波検査と腫瘍マーカー検査を行いますが、効果は限定的です。卵巣癌にもいくつかのタイプがあることがわかってきました。患者さんの状況に応じた対応が必要と思われます。
また、低用量ピルを服用している方に、卵巣癌の発生率が低いことが知られています。絶対的な検診方法がない現在、予防の可能性として有用です(詳しくはこちら)。

外来日帰り手術

子宮頚管ポリープ、バルトリン腺膿瘍などの一般治療の他に、子宮頸部異形成、初期子宮頸癌に対する子宮温存治療を行います。詳しくはこちら

診療案内